follow us fb_tdc

2010

筑紫書体 ー筑紫オールド明朝 筑紫丸ゴシック

— フォントワークス・藤田重信

東京TDC賞


 

筑紫オールド明朝、筑紫丸ゴシックはともに個人の要望を重視させていただき、弊社LETSスタッフとともに生み出したフォントです。筑紫オールド明朝は漢字の品位と質感に最大限にこだわった設計です。筑紫丸ゴシックはほんの一部のユーザー様からのご要望でしたが、リリース後のリサーチでその後ろに潜在していた要望の大きさに今驚いております。筑紫書体が末永く多くの方に愛されるようさらにバリエーションを考え、その動機の一つとなる受賞と受け止め、うれしさと同時に今後の活力の基にさせていただきたいと思います。ありがとうございました。


フォントワークス・藤田重信 Shigenobu Fujita(Fontworks)
1957年福岡県生まれ。筑陽学園高校デザイン科卒。1975-1998年写研文字部を経てフォントワークス、フォント開発課に籍を置く。筑紫書体の開発設計(現在22書体)を中心に2000年以後のフォントワークスLETSリリース書体の多くを監修担当している。