follow us fb_tdc

2011

Schluss mit der Schwarzmalerei!

— Niklaus Troxler

東京TDC賞


 

ポスター「Schluss mit der Schwarzmalerei! -Enough of that Doom and Gloom!」
(CL. Poster Project Heidelberg, “Courage for Rage”)

これは、ドイツ・ハイデルベルク市のポスタープロジェクトに参加するよう依頼を受けて制作したものです。
市はポスター活動を組織し、政治的メッセージが込められた一連のデザインを掲示したいと考えていました。活動のテーマは「Courage for Rage(カレッジ・フォー・レイジ=怒りへの勇気)」と決められていました。ひとりの人間として、私は後ろ向きというよりは、前向きな気持ちを持っています。そして、今日の政治論説にある悲観的な言葉を憎んでいます。
私は前向きなアプローチでポスターを制作することに決めました。「Schluss mit der Schwarzmalerei」はドイツ語でよく使われる表現で、「悲観的な見方はたくさんだ!」という意味です。私はその言葉を憤怒に満ちたやり方で、すなわち大きな怒りを込めて表現しようと決めました。そうしてできた作品はハイデルベルクの通行人の心を動かし、いくつか非常に良い反応を得ることができました。ここから得られる教訓は、前向きになれということです!


ニクラウス・トロクスラー / Niklaus Troxler

1947 年スイス、ウィリザウ生まれ。ルツェルン芸術大学でタイポグラフィとグラフィックデザインを学ぶ。1973 年に自身のスタジオを設立。ホームタウンであるウィリザウのジャズコンサート(1966 年~)およびアニュアル・ジャズフェスティバル(1975~2010 年)を主宰。
国際デザイン賞受賞多数。NYMoMA、ハンブルク産業芸術美術館、ヴィラヌフ・ポスター美術館(ワルシャワ)、エッセン・ポスター美術館、フランス国立図書館(パリ)、チューリッヒ・ポスター・コレクション、アムステルダム市立近代美術館等に作品が永久保存されている。
1998 年よりドイツのシュトゥットガルト美術アカデミー教授。1989 年よりAGI 会員。