follow us fb_tdc

2011

Coline, typeface family

— Émilie Rigaud

タイプデザイン賞


 

「Coline, typeface family」(CL. self-commissioned work)

Coline(コリーヌ)は、ポケットブックのレイアウトに合うように特別にデザインしたタイプフェイスファミリーです。7 つのタイプフェイスは「コリーヌ・プレミア」、「コリーヌ・カーシヴ」、「コリーヌ・エクストレム」 の3 つのセットで構成されています。3 つのバリエーションは、しっかりとした素朴なローマン体から手書きに近いデザインまで、理性的でクラシカルな雰囲気から感情に訴えかけるロマンチックな雰囲気までを表現しています。
3 つの異体とウェイトによって、バリエーションとコントラストの幅が大きくなり、ローマン体/イタリック体の対比を強めることが可能になります。またコンパクトな文字デザインで自由に組み合わせることができるので、スペースを節約することができます。
Coline という名前は、16 世紀前半にパリで活躍したシモン・ド・コリーヌに由来しています。彼は学生用に廉価な小型本を出版したフランス人印刷家の1 人です。


エミリー・リゴー / Émilie Rigaud

エミリー・リゴーは、2008 年にパリのENSAD でグラフィックデザインの修士号を取得した後、レディング大学でタイプフェイスデザインの修士課程を専攻。そこでタイプフェイスファミリー「コリーヌ」を作成する。現在はフリーランサーとして、ブックデザインとタイプフェイスデザインに携わっている。最近ではグザヴィエ・バラル出版(パリ)の「ムラカミ・ヴェルサイユ」を手掛けたほか、トーマス・マシューズ(ロンドン)のためにカスタムメイドのタイプフェイスをデザインした。2010年11月に自身のタイプ工房「A is for Apple」(www.aisforapple.fr) を設立。