第18期_希望塾_東京_0927ol.ai top_j_ follow us fb_tdc

これまでの活動

2012年

■ TDC展2012:4月2日(月)~25日(水)
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
TDC賞2012の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=山下ともこ
http://tdctokyo.org/jpn/?p=3127

■ TDC DAY 2012:4月1日(日)
女子美術大学 杉並キャンパス 7号館
1)大日本印刷秀英体開発室 伊藤正樹 × 祖父江慎
2)祖父江 慎 + 吉岡秀典
3)Martin Borst (ドイツ)× Rick Banks (イギリス)
4)川村真司 + 清水幹太+ Saqoosha + 森本友理
5)Alexander Gelman × 中島英樹
6)M/M(paris)
7)伊藤ガビン + いすたえこ + 林 洋介 + 宮本拓馬 × 千房けん輔(ゲスト)
8) Andy Altman, Why Not Associates + Gordon Young × 浅葉克己
http://tdctokyo.org/jpn/?p=3227

■ TDC展2012 巡回展:5月22日(火)~7月6日(金)
dddギャラリー
ギャラリートーク 出演=伊藤ガビン+いすたえこ(NNNNY)
http://tdctokyo.org/jpn/?p=3299

■ 第6回「TDC筆をもつ会」合宿:8月25日(土)、26日(日)、27日(月) 
新潟 月岡温泉ホテル冠月

■ Tokyo TDC 2012 Seoul Exhibition : 9月10日(月)〜10月27日(土)
Samwon Paper Gallery
トークショー:佐藤 卓(9月8日 開催)
http://tdctokyo.org/jpn/?p=3551

■ 第17期 希望塾 場所:DNP銀座ビル3F 
9月8日 = オデッド・エゼル 聞き手:浅葉克己 「オデッド・エゼル :多大なる期待」
9月29日 = 奥村靫正+羽良多平吉「YMOの時代・グラフィックデザインの景観」
10月13日 = 服部一成「僕はグラフィックデザイナーになりたかった」
10月20日 = 長嶋りかこ「メッセージをカタチにする行為」
10月27日 = 林 規章「文字とカタチ」講義+課題講評
11月10日 = 三木 健「話すデザイン」
11月17日 = 小林 章「文字についてもっと深く語ろう」

■「Tokyo TDC, Vol.23」発刊(発行 = DNPアートコミュニケーションズ)
アートディレクション・デザイン:中島英樹
特集=受賞作品をめぐって/デザインフォーラム TDC DAY レポート
http://tdctokyo.org/jpn/?p=3595

■ 2012 International Poster Design Exhibition
VIDAK 国際ポスターデザイン招待展:2012年12月26日(水)〜12月31日(日)
ギャラリーイアン(韓国ソウル、大学路)

■ 東京TDC賞2013公募+審査
RGB賞審査:11月5日(月)
タイプデザイン賞審査:11月15日(木)
本審査:11月14日(水)・16日(金)
【応募総数】3,015作品(国内/2,006作品、海外/1,009作品) 
【応募者数】1,009名(国内/561名、海外/448作品)
【入選作品】448作品(国内/330作品、海外/118作品) 

■ “Tokyo TDC 2012” Shenzhen Exhibition : 2013年3月2日(土)〜5月21日(火)
The OCT Art & Design Gallery
Curation, Art Direction : Wang Xu
トークショー(2013年3月2日 開催)
Moderator: Stanley Wong
Speakers: Katsumi Asaba/ Kan,Tai-Keung/ Alan Chan/ Jiaying Han/ Wang Xu/
Tsang,Kin-wah/ Guang Yu/ Benny Au/ Hei Yiyang/ Takako Terunuma
http://tdctokyo.org/jpn/?p=3683

2011年

■ TDC展2011:4月1日(金)~25日(月)
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
TDC賞2011の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=Chao Sioleong & Hong Chong Ip (MO-DESIGN)
ギャラリートーク 4月20日(水)17:00〜18:30
出演=1)渡邉良重 2)祖父江慎+吉岡秀典
http://tdctokyo.org/jpn/?p=2650

■ TDC展2011 巡回展:5月20日(金)~7月2日(土)
dddギャラリー
ギャラリートーク 出演=祖父江慎+吉岡秀典
http://tdctokyo.org/jpn/?p=2739

■ 第5回「TDC筆をもつ会」合宿:8月26日(金)、27日(土)、28日(日)
新潟 ホテル冠月

■ Tokyo TDC 2011 Seoul Exhibition : 9月3日〜11月5日
Samwon Paper Gallery
トークショー:祖父江慎(9月17日 開催)
http://tdctokyo.org/jpn/?p=3041

■ 東京TDC賞2012公募+審査
RGB賞審査:10月25日
タイプデザイン賞審査:11月10日
本審査:11月9日・11日
【応募総数】3,289作品(国内/2,265作品、海外/1,024作品)
【応募者数】1,051名(国内/578名、海外/473作品)
【入選作品】454作品(国内/291作品、海外/163作品)

■ 第16期 希望塾:11月5日・12日・19日・26日、12月5日
DNP銀座ビル3F
講師一覧:http://tdctokyo.org/jpn/?p=59

■「Tokyo TDC, Vol.22」発刊(発行 = DNPアートコミュニケーションズ)
ブックデザイン:
– 仲條正義(ジャケット・表紙)
– 服部一成(巻頭・巻末ページと受賞作品ページ)
– 軍司匡寛(小型グラフィックページ)
– 井上嗣也(ポスターページ)
– 葛西 薫(雑誌広告ページ)
– 有山達也(エディトリアル・ブックデザインページ)
– 白井敬尚(タイプデザインページ)
– 浅葉克己(トライアルページ)
– 針谷建二郎(RGB ページ)
– 北川一成(マーク&ロゴ・コーポレートステーショナリーページ)
– 佐藤 卓(サイン&ディスプレイ・パッケージページ)
– 青木克憲(広告キャンペーンページ)
– 中島英樹(特集ページ)
– 祖父江慎(コンセプト)
特集=受賞作品をめぐって
http://tdctokyo.org/jpn/?p=3078


2010年

■ TDC展2010:4月2日(金)~24日(土)
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
TDC賞2010の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=Why Not Associates
http://tdctokyo.org/jpn/?p=50

■ TDC DAY 2010:4月4日(日)
女子美術大学杉並キャンパス
1)フォントワークス・藤田重信 × 祖父江 慎
2)川村真司 × エキソニモ × 中村至男 × 松本弦人
3)ニコラス・トロクスラー ×ラルフ・シュライフォーゲル× 服部一成
4)リエン・チエ× 祖父江 慎
5)ホルガー・ケーニヒスドルファー×マシュー・カーター
6)浅葉克己 × ジョン・ワーウィッカー× マシュー・カーター
7)アンドリュー・アルトマン×ジョン・ワーウィッカー ×中島英樹
http://tdctokyo.org/jpn/?p=99

■ 第3回「TDC筆をもつ会」:5月15日(土)13時〜16時
SB(松本弦人氏オフィス)

■ TDC展2010 巡回展:5月21日(金)~7月3日(土)
dddギャラリー
ギャラリートーク 5月26日(水)16:00~17:30
出演=一柳 慧+浅葉克己
http://tdctokyo.org/jpn/?p=83

■ 第4回「TDC筆をもつ会」合宿:8月28日(土)、29日(日)、30日(月)
新潟 ホテル冠月

■ TDC WEBサイトリニューアル:9月
デザイン=ANSWR 針谷建二郎

■ Tokyo TDC 2010 Seoul Exhibition : 10月25日〜2011年1月18日
Samwon Paper Gallery
トークショー:John Warwicker(11月6日 開催)
http://tdctokyo.org/jpn/?p=2463

■ 東京デザイナーズウィーク「ZAGAT表紙デザイン展」:
10月29日(金)〜11月3日(水)
TDW中央会場 明治神宮外苑絵画館・都内全域ショップ
ZAGAT×TOKYO TDC SPECIAL DESIGN PROJECT
http://tdctokyo.org/jpn/?p=2491

■ 東京TDC賞2011公募+審査
インタラクティブデザイン賞審査:10月25日
タイプデザイン賞審査:11月3日
本審査:11月2日・4日
【応募総数】3,146作品(国内/2,191作品、海外/955作品)
【応募者数】1,100名(国内/605名、海外/495名)
【入選作品】441作品(国内/317作品、海外/124作品)

■ 第15期 希望塾:10月30日、11月6日・13日・27日、12月4日・18日・25日
DNP銀座ビル3F
講師一覧:http://tdctokyo.org/jpn/?p=59

■「Tokyo TDC, Vol.21」発刊(発行 = DNPアートコミュニケーションズ)
デザイン=祖父江慎
特集=TDC DAY2010 レポート
http://tdctokyo.org/jpn/?p=2458


2009年

■ 09TDC展:4月3日~25日
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
09TDC賞の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=中村至男

■ デザインフォーラム 「TDC DAY 2009」:4月5日
女子美術大学杉並キャンパス
1)Emanuela Conidi(イタリア出身/ロンドン在住)
2)Les Suen(中国・上海)
3)立花文穂+伊勢克也+松本弦人
4)植原亮輔+金森 香+松本弦人
5)中村勇吾+中村至男
6)中村勇吾+中村至男+松本弦人
7)浅葉克己+仲條正義

■ デザインスクール「第14期 希望塾」:5月30日〜7月25日/毎週土曜、計8回
DNP銀座ビル3F
講師一覧:http://tdctokyo.org/jpn/?p=59

■ 09TDC展 巡回展:6月16日~7月22日
dddギャラリー(大阪)
ギャラリートーク
出演=浅葉克己+中村至男 進行=照沼太佳子

■ 第1回「TDC筆をもつ会」:9月5日(土)13時〜16時
SB(松本弦人氏オフィス)

■「Tokyo TDC, Vol.20」発刊:9月末
発行 = DNPアートコミュニケーションズ)
デザイン=白井敬尚
特集= 展覧会記録「NOW UPDATING… THA / 中村勇吾のインタラクティブデザイン」
刊行記念トークショー(青山ブックセンター)
出演=白井敬尚、中村至男、大日本タイポ組合 進行=照沼太佳子

■ 小林 章 欧文フォント・ワークショップ:10月24日・25日
東京工芸大学 中野キャンパス

■ 東京TDC賞2010公募+審査
インタラクティブデザイン賞審査:10月20日
タイプデザイン賞審査:10月27日
本審査:10月28日・29日
【応募総数】3,180作品(国内/2,301作品、海外/879作品)
【応募者数】961名(国内/560名、海外/401名)
【入選作品】428作品(国内/315作品、海外/113作品)

■ POST_:現代国際ポスター展:10月24日〜11月20日
デザイン会議期間、中国国内数カ所で数種類の展覧会同時開催。
国家大術院大劇場(NCPA)

■ 09 Tokyo TDC Seoul Exhibition:2009年11月9日~2010年1月9日
Samwon Paper Gallery(ソウル)
ギャラリートーク 出演=植原亮輔(11月14日開催)

■ 第2回「TDC筆をもつ会」:12月5日(土)13時〜16時
SB(松本弦人氏オフィス)
特別講師=紫舟

2008年

■ 台北-東京 國際字體設計展TAIPEI –
TOKYO INTERNATIONALTYPOGRAPHY EXHIBITION:3月22日〜27日
場所:師大藝廊
レクチャー=浅葉克己
台北場:國立台灣師範大學禮堂
台南場:台南科技大學設計大樓D904

■ 08TDC展:4月4日~26日
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
08TDC賞の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=大日本タイポ組合

■ デザインフォーラム 「TDC DAY 2008」:4月6日
女子美術大学杉並キャンパス
1)Chao Sioleong(中国・マカオ)
2)Guang Yu(中国・北京)
3)Fernando de Mello Vargas(ブラジル/イギリス在住)
4)Borries Schwesinger(ドイツ/イギリス在住)
5)中島英樹+鳥海修+祖父江慎
6)Non-Format(イギリス+アメリカ)
7)Jonathan Harris(アメリカ)
8)服部一成+北川一成+佐藤卓

■デザインスクール「第12期 希望塾」:4月12日〜5月24日(計6回)

■ TDC BCCKS EXHIBITION in Hong Kong:5月13日日~7月12日
miniminigallery(香港)
2007年11月に行われたTDC BCCKS展が香港でも開催されました。
主催: Amazing Angle Design Associates/ Au-Tak Shing, Benny

■ 08TDC展 巡回展:6月13日~7月23日
dddギャラリー(大阪)
ギャラリートーク 出演=葛西 薫 + 澁谷克彦(JAGDA・東京TDCコラボレーション)

■デザインスクール「第13期 希望塾」:6月21日〜7月26日(計6回)

■ 地球文字探検家 浅葉克己ディレクション。「祈りの痕跡。」展:7月19日〜9月23日
21_21 DESGIN SIGHT

■ 08 Tokyo TDC Seoul Exhibition:9月6日~11月2日
Samwon Paper Gallery(ソウル)
ギャラリートーク 出演=服部一成

■ TDC 2008 New Graphic Design Japan:9月10日~11月2日
Fondazione Giorgio Cini(ベネチア)
ギャラリートーク 出演=北川一成

■「Tokyo TDC, Vol.19」発刊(発行 = トランスアート):8月
デザイン=大日本タイポ組合
特集「フォームのデザイン」ボリス・シュヴェージンガー
刊行記念トークショー:10月4日
出演:大日本タイポ組合、鳥海修、岡崎慶秀

■小林章の欧文タイプ・セミナー 「欧文フォント質問箱」
10月25日(大阪dddギャラリー)
10月28日(東京工芸大学 中野キャンパス)
-参加者がカスタマイズするセミナー
1)アルファベット制作の基本、カリグラフィのデモンストレーション。
2)参加者からの要望や質問への答えから組み立てるレクチャー。
3)ロゴやタイプデザインの事例からサンプルを選んで、クリティック&ブラッシュアップ。
4)トークショー:小林章、高岡昌生
東京会場=小林章、高岡昌生、菊地敦己、柿木原政弘
大阪会場=小林章、高岡昌生、三木健、牛島志津子/照沼太佳子(進行)

■ 東京TDC賞2009公募+審査
インタラクティブデザイン賞審査:10月22日
タイプデザイン賞審査:10月29日
本審査:10月30日・31日
【応募総数】3,316作品(国内/2,386作品、海外/930作品)
【応募者数】995名(国内/588名、海外/407名)
【入選作品】481作品(国内/349作品、海外/132作品)

2007年

■4月3日~25日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):07TDC展
07TDC賞の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=John Warwicker
■4月8日(女子美術大学杉並キャンパス):
デザインフォーラム 「07 TDC DAY」
1) 河野英一
2) 服部一成 + 葛西 薫
3) Tsang, Kin-wah
4) Karl D. D. Willis
5) 北川一成 + Alexander Gelman
6) M/M(paris)
■4月5日~5月5日(Faculty Gallery, Monash University/メルボルン):
「+&ー=×」20 years of typo-graphics from the tokyo type directors club
TDCの最新の作品と過去の受賞作品からのキュレーション。
プロデュース:John Warwicker, TOMATO
セミナー:John Warwicker/浅葉克己/服部一成/北川一成/照沼太佳子
■4月27日~5月13日(表参道ヒルズ スペース「O」):ミュージックグラフィティ展
1970年代から現在にいたるデザイン感覚の流れを、LPやCD ジャケット、
そして音楽の切り口で体感する展覧会です。
キュレーション=後藤繁雄
■デザインスクール「第10期 希望塾」(5月26日〜8月4日/毎週土曜、計9回)
■7月4日~8月10日(dddギャラリー/大阪):07TDC展巡回展
ギャラリートーク 出演=北川一成 (GRAPH)
■8月14日~9月14日(UTS Gallery & Art Collection/シドニー):
「+&ー=×」20 years of typo-graphics from the tokyo type directors club
プロデュース:John Warwicker, TOMATO
■8月:「Tokyo TDC, Vol.17」発刊(発行 = トランスアート)
デザイン=青木克憲(ケースアートワーク:立花文穂)
特集「2006年10月30日、審査を終えて。」
アレクサンダー・ゲルマン/ステファン・サグマイスター/ジョン・ワーウィッカー
■10月6日~11月7日(Samwon Paper Gallery/ソウル):07TDC展 in Seoul
ギャラリートーク:浅葉克己
■10月29日(女子美術大学杉並キャンパス)
小林章の欧文タイプ・セミナー「実践アルファベット!」
第1部:実践「欧文ロゴのクリティック&ブラッシュアップ」
第2部:レクチャー「サンセリフ体がそれらしく見えるための微調整」
第3部:トークセッション 小林 章/高岡昌生/植原亮輔/澁谷克彦
■11月16日〜
TDC BCCCKS http://tdc.bccks.jp/
the 20th Anniversary Exhibition―35冊のブックと、77枚の絵はがき展―
誕生年「1987」をテーマとしたユニークな絵はがき作品は77人の豪華メンバーが参加。
そして国内外33人のデザイナーによる、webで見る「webブック」と、
印刷した「printブック」を展示・販売!「web」と点在する「リアル空間」を
対比・交差させた新しい試みの展覧会。
11月26日(東京キネマ倶楽部):20周年記念パーティ
■デザインスクール「第11期 希望塾」(10月6日〜11月17日/毎週土曜、計6回)

2006年

■4月3日~26日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):06TDC展
06TDC賞の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=服部一成
■4月3日(女子美術大学杉並キャンパス):
デザインフォーラム 「06 TDC DAY」
1) Les Suen + 祖父江 慎
2) 塚本 陽
3) 仲條正義 + 服部一成
4) Non-Format
5) 中島英樹 + 後藤繁雄
■デザインスクール「第7期 希望塾」(4月15日〜6月3日/毎週土曜、計6回)
■5月29日~6月23日(大阪DDDギャラリー):06TDC展巡回展
ギャラリートーク=中島英樹 + 大日本タイポ組合
■デザインスクール「第8期 希望塾」(8月5日〜9月16日/毎週土曜、計6回)
■8月:「Tokyo TDC, Vol.17」発刊(発行 = トランスアート)
デザイン=服部一成
特集「Les Suenの造本のメカニズム」
■10月23日(女子美術大学 杉並キャンパス)
小林章の欧文タイプ・セミナー「フォントのチカラ」
イントロダクション:小林 章+葛西 薫+高岡昌生
第1部:フォントって何?
第2部:フォントのチカラ
フリートーク:葛西 薫+小林 章+祖父江 慎+高岡昌生+中島英樹
■デザインスクール「第9期 希望塾」(11月11日〜12月16日/毎週土曜、計6回)

2005年

■4月1日~25日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):05TDC展
05TDC賞の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=松本弦人
■4月3日(女子美術大学杉並キャンパス):
デザインフォーラム 「05 TDC DAY」
1) Ben Fry + Casey Reas
2) Andreas Muller
3) Ben Fry + Casey Reas + Andreas Muller + 中村勇吾
4) 佐藤 卓 + 後藤繁雄
5) Trevor Jackson + 宇川直宏 + 石黒景太
■ デザインスクール「第4期 希望塾」(5月14日〜6月18日/毎週土曜、計6回)
■5月30日~6月27日(大阪DDDギャラリー):05TDC展巡回展
ギャラリートーク=後藤繁雄 + 伊勢克也
■ デザインスクール「第5期 希望塾」(7月16日〜8月27日/毎週土曜、計6回)
■9月:「Tokyo TDC, Vol.16」発刊(発行 = トランスアート)
デザイン=松本弦人
特集「Processing:メディアアートのためのプログラミング」Casey Reas + Ben Fry
■10月23日(東京デザインセンター B2F ガレリアホール):
審査員トークイベント「TDC DAY Autumn」
■ デザインスクール「第6期 希望塾」(11月12日〜12月17日/毎週土曜、計6回)

2004年

■ デザインスクール「第3期 希望塾」(2月7日〜6月28日/毎週土曜、計6回)
■4月5日~28日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):04TDC展
04TDC賞の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=M/M(Paris)
■4月3日・4日(女子美術大学杉並キャンパス):
デザインフォーラム 「04 TDC DAY」
1) Sagi Haviv(Chermayeff & Geismar Inc.)<NY>
2) Guang Yu<北京>+北川一成
3) 佐藤 卓+深澤直人
4) Amit Pitaru<NY>+中村勇吾
5) 武藤 努+立花ハジメ
6) M/M(Paris)<パリ>
■5月28日~6月24日(大阪DDDギャラリー):04TDC展巡回展
ギャラリートーク=服部一成+瀧本幹也(写真家)
■8月:「04TDC年鑑」発刊(発行=六耀社)
ブックデザイン=坂 哲二
特集「デザインフォーラム 04 TDC DAY 報告」

2003年

■デザインスクール「第1期 希望塾」(2月8日〜4月19日)開講
■4月4日~30日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):03TDC展
03TDC賞の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=タナカノリユキ
■4月6日(女子美術大学杉並キャンパス):
デザインフォーラム 「03 TDC DAY」
1) 葛西薫×服部一成
2) M/M(Paris)×タナカノリユキ
3) 立花ハジメ×中村至男
4) Andy Altmann(Why Not Associates)×Jonathan Barnbrook
5) 野田凪×松本弦人
■ デザインスクール「第2期 希望塾」(5月17日〜7月26日)
■6月2日~7月1日(大阪DDDギャラリー):03TDC展巡回展
ギャラリートーク=板倉敬子+古屋友章+graf (服部滋樹+豊嶋秀樹)
■8月:「03TDC年鑑」発刊(発行=六耀社)
カバーデザイン=タナカノリユキ
特集「デザインフォーラム 03 TDC DAY 報告」
「新しいメディアへの取り組み- 携帯サイトの受賞作をめぐって:
立花ハジメ、中村至男、東泉一郎、点(ten_do_ten)」

2002年

■4月4日~27日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):02TDC展
’02TDC賞の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=中島英樹
■4月7日(東京都現代美術館B2F講堂):デザインフォーラム 「02 TDC DAY」
1)Ralf Shraivogel×佐藤晃一
2)仲條正義×タナカノリユキ
3)Peter Cho×向井周太郎
4)松本弦人×宇川直宏
5)Stefan Sagmeister×中島英樹
■5月16日~6月7日(大阪DDDギャラリー):02TDC展巡回展
ギャラリートーク=野田 凪+佐野研二郎
■8月:「02TDC年鑑」発刊(発行=ピエ・ブックス)
初めて巻末にCD-ROMを付ける(インタラクティブデザイン作品)
カバーデザイン=中島英樹
特集「デザインフォーラム 02 TDC DAY 報告」
「『Sagmeister: Made You Look』を読む」

2001年

■4月2日~25日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):01TDC展
’01年鑑の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=Jonathan Barnbrook
ギャラリートーク「嘉瑞工房:活字ライブ」
高岡重蔵+高岡昌生(ホスト=葛西 薫+伊勢克也)
■4月7日(東京デザインセンター、ガレリアホール):
デザインフォーラム 「01 TDC DAY 」
1)Nikita Pashenkov
「私は如何にして心配するのを止めてコンピュータを愛するようになったのか。」
2)佐藤可士和×立花ハジメ「ポップカルチャーとグラフィック」
3)Carlos Segura「T-26 in Tokyo」
4)山田英二×立花文穂「生きた言葉をデザインするということ」
■5月9日~6月5日(大阪DDDギャラリー):01TDC展巡回展
ギャラリートーク=山田英二+佐藤可士和
■8月:「01TDC年鑑」発刊(発行=ピエ・ブックス)
カバーデザイン=Jonathan Barnbrook
特集:講評=東京TDC賞2001選考委員/The [T-26] Digital Type Foundry

2000年

■4月4日~27日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):00TDC展
年鑑’00の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=山田英二
ギャラリートーク=Peter Cho
■5月17日~6月14日(大阪DDDギャラリー):00TDC展巡回展
ギャラリートーク=仲條正義+伊勢克也
■8月:「TDC年鑑’00」発刊(発行=ピエ・ブックス)
カバーデザイン=山田英二
特集「香港理工大学・女子美術短期大学にみる、デザイン教育の可能性。」
対談=Esther Liu×伊勢克也
「FUSE Exhibition Tokyo 1999」Neville Brody講演収録

1999年

■4月8日~28日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):99TDC展
年鑑’99の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示する。
ポスターデザイン=澤田泰廣+立花文穂
ギャラリートーク「北園克衛のセンシビリティ:文字の突然変異」
John Solt+西松布咏(詩朗読=浅葉克己+立花文穂)
■6月9日~7月2日(大阪DDDギャラリー):99TDC展巡回展
ギャラリートーク「北園克衛のセンシビリティ:文字の突然変異」
John Solt+西松布咏(詩朗読=浅葉克己+立花文穂)
■8月:「TDC年鑑’99」発刊(発行=ピエ・ブックス)
カバーデザイン=澤田泰廣+立花文穂
特集「Jリーグのためのマーク&ロゴタイプ開発プロジェクト全記録」

1998年

■4月1日~25日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):98TDC展
年鑑’97-’98の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
初めてインタラクティブデザイン賞を設置する。
ポスターデザイン=松下計
シンポジウム「インディヴィデュアル~感性の交換」
Jonathan Barnbrook(ゲスト=タナカノリユキ)
■6月1日~26日(大阪DDDギャラリー):98TDC展巡回展
ギャラリートーク「デザインとゲームの距離」
中村至男+松本弦人(モデレーター=江並直美)
■8月:「TDC年鑑’97-’98」発刊(発行=ピエ・ブックス)
カバーデザイン=松下計
特集「東京TDCクローズアップ’98:ピーター・グリーナウェイの『枕草子』」
対談=浅葉克己×タナカノリユキ

1997年

■3月5日~27日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):東京TDC10周年記念展
年鑑’96-’97の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=青木克憲(アート=立花文穂)
シンポジウム
1)石川九楊 「書の宇宙:その楽しさ、深さ、むずかしさ」
2)浅葉克己+江並直美+タナカノリユキ+仲條正義+松本弦人「TDC Next Phase」
3)Ahn Sang-Soo+R.K.Joshi
「アジアの未来~アジアの文字世界の深さとコンピュータとの融合」
4)前田ジョン「Digital Type Live~参加者の書き文字で日本語フォント作りを
試みるワークショップ」
■4月24日~5月26日(大阪DDDギャラリー):東京TDC10周年記念展巡回展
ギャラリートーク
■9月:「TDC年鑑’96-’97」発刊(発行=ピエ・ブックス)
カバーデザイン=青木克憲
特集「東京TDCクローズアップ’97- Ralf Schraivogel」
「韓国の最新タイポグラフィ事情~ VIDAK+東京TDC共同展から」

1996年

■4月3日~27日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):第8回展
年鑑’95-’96の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=佐藤晃一
ギャラリートーク「漢字の起源~白川静ワールドを探る」浅葉克己+宮田 章
■5月24日~6月18日(大阪DDDギャラリー):第8回展巡回展
ギャラリートーク「漢字の起源~白川静ワールドを探る」宮田 章
■8月:「TDC年鑑’95-’96」発刊(発行=ピエ・ブックス)
カバーデザイン=佐藤晃一
特集「和魂洋才:アメリカンタイポグラフィ50s, 60s」
対談=田中一光+Lou Dorfsman
「和魂漢才:甲骨文字~白川静の世界」宮田 章
■9月10日~24日(POSCOセンターアートホール,ソウル):日韓共同展
VIDAK+東京TDC共同展を開催。
韓国グラフィックデザイナー団体VIDAKの優秀作品と
第8回東京TDC展展示作品より展示。
共催=東洋美術学校

1995年

■3月6日~28日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):第7回展
年鑑’94-’95の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=木村 勝
特別展示=前田ジョンによるTDCのためのインタラクティブ新作の発表
ギャラリートーク=「ネクスト・ビジュアル&ランゲージ」
Jason Kedgley(tomato)+松本弦人+タナカノリユキ
■4月14日~5月9日(大阪DDDギャラリー):第7回展巡回展
■8月:「年鑑日本のタイポディレクション’94-’95」発刊(発行=ピエ・ブックス)
カバーデザイン=木村 勝
特集:
「ハングル文字の世界」Ahn Sang-Soo+浅葉克己+江並直美+タナカノリユキ
「ビジュアルメッセージ」TOMATO
「タイプミュージアム(ロンドン)創設基金のお願い」
「Tokyo TDC 扇子競作シリーズ」
クローズアップ部門「メタデザインへの挑戦」:テキスト=前田ジョン、
対談=松岡正剛×前田ジョン/「追悼・中西享」「追悼・林隆男」

1994年

■2月4日~26日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):第6回展
年鑑’93の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=澤田泰廣
■8月:「年鑑日本のタイポディレクション’93」発刊(発行=ピエ・ブックス)
デザイン=澤田泰廣
特集「文字周辺、あるいは文字的アーキタイプをめぐって。」
松岡正剛+伊勢克也+浅葉克己/
「世界の果てまでもしゃべり続けることはできるだろう。」
Graham Wood(tomato)+いとうせいこう/
「ロンドン活字博物館」河野英一/
「Tokyo TDC レターヘッド100」
クローズアップ部門’93「タイプデザイナーの仕事」Matthew Carter

1993年

■4月:「年鑑日本のタイポディレクション’92」発刊(発行=ピエ・ブックス)
カバーデザイン=仲條正義
特集「フォーラム~最新タイポグラフィ事情」
河野英一+Dave Ohara+西川潔+Rodney Mylius+浅葉克己
「インタビュー~仲條正義の“矛盾”」インタビュアー=タナカノリユキ
「モンゴルの新教科書」
クローズアップ部門’92「チュニジアの書家=Nja Mahdaoui」
■4月2日~24日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):第5回展
年鑑’92の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=仲條正義
特別展示=Nja Mahdaouiの書
■6月14日~7月2日(ペーパーポイントギャラリー、ロンドン):東京TDC展
年鑑’92の受賞作品と年鑑を展示。
■6月16日~7月5日(大阪DDDギャラリー):第5回展巡回展

1992年

■2月:「年鑑日本のタイポディレクション’91」発刊(発行=講談社)
カバーデザイン=葛西 薫
特集座談会「タイポグラフィとは何か」
松岡正剛+戸田ツトム+松永真+浅葉克己
■3月3日~31日(ギンザ・グラフィック・ギャラリー):第4回展
年鑑’91の受賞作品や、ノミネート、優秀作品の数々を展示。
ポスターデザイン=葛西 薫
ギャラリートーク「文字の時代がやってきた」松岡正剛+浅葉克己
■4月6日~5月6日(大阪DDDギャラリー):第4回展巡回展
■11月:「TDC Letterheads 100」制作(発行=ガリバー)
会員のレターヘッド新作をそのまま製本した。
展示会をイトーキ・ギャラリーで開催。
編集=TDC+間嶋龍臣/協力=英国Arjo Wiggins Fine Papers Limited.

1991年

 

 

■1月:「年鑑日本のタイポディレクション’90」発刊(発行=講談社)。
会員、一般部門(海外含む)別にはじめて賞を設け、
日本初の本格的な国際グラフィックデ ザインコンペティションとしてスタート。
カバーデザイン=葛西 薫
特集=西田龍雄論文「象形文字の世界」
■3月14日~22日(シードホール):第3回展
受賞作品、会員の年鑑掲載作品の展示など。
ポスターデザイン=浅葉克己+河原敏文
ギャラリートーク「CG映像の表現とタイポグラフィ新時代」
河原敏文+黒木靖夫+松岡正剛+浅葉克己

1990年

■11月27日~12月14日(クーパーユニオン/ハーブ・ルバリン・スタディセンター、
ニューヨーク):展覧会「Typography in Asia: A View from Tokyo」
キュレーション:Ellen Lupton
同校との共同制作によるアジアの文字の論文集も制作。
シンポジウム「Typography & Topography」浅葉克己、松岡正剛、
Keith Godard、Chee Pearlman、Ann Harakawa、Alvin Eisenman

1989年

■6月:「年鑑日本のタイポディレクション’89」発行(発行=講談社)
会員のタイポグラフィックな代表作を掲載。
カバーデザイン=浅葉克己+伊勢克也
デザイン=金田一剛
特集=松岡正剛論文「文字の半径」
井上有一特集/オオタマサオのホーロー看板/
N.Y.TDC「24ページの本」
■7月18日~30日(東京セントラル美術館):
「熱いアジアと89人のタイポディレクター」展
文字の宝庫=アジアをテーマにした大型展。
会員の日常の作品とアジアをテーマにした新作、
浅葉克己の22種類のアジアの文字新作、アジア各国の新聞、教科書、
パッケージなど生活用品の展示。
会場構成=内田 繁
ポスターデザイン=井上嗣也
新聞コレクション提供=中西 亮
共催=東洋美術学校
シンポジウム「アジアの文字を招く」ホスト=松岡正剛+浅葉克己
ゲスト=(1) 中野美代子+田中優子 (2)杉山二郎+松枝到
■11月:TDC編集の日めくりカレンダー発行(発行=ガリバー)AD=間嶋龍臣

1988年

■11月:TDC編集の日めくりカレンダー発行(発行=ガリバー)AD=間嶋龍臣

1987年

■12月17日~22日(シードホール):東京TDC第1回展
この展覧会の初日をクラブ発足の記念すべき日とする。
設立会員のタイポグラフィックな代表作を展示する。
谷川俊太郎氏、辻井喬氏の新作の詩を、タナカノリユキ、伊勢克也が
巨大なペインティング作品に表現。
ポスターデザイン=浅葉克己
シンポジウム(1)「アート&タイポディレクション」
東野芳明+日比野克彦+浅葉克己
シンポジウム(2)「タイポグラフィ運動の軌跡」
早川良雄+山城隆一+榎本了壱