follow us fb_tdc

2019

Das Kapital ist weg – Wir sind das Kapital!

— Sven Lindhorst-Emme

TDC賞


 

「Das Kapital ist weg – Wir sind das Kapital!」ポスター
(Client : Zwischenraum Schaffhausen, Switzerland)

3枚組のポスターはシャフハウゼンでのグループ展のために組織の完全な独立性を表すために制作された。かつてのホール・オブ・アートでは、数年前に閉鎖されるまでヨゼフ・ボイスの「ダス・キャピタル」が展示されていた。その場所を35人の若手アーティストが復活させ、「Das Kapital ist weg – Wir sind das Kapital」(キャピタルは去った ‐ 我々がキャピタルだ)と題した展覧会を開いた。
ポスターの中心に位置する三つの物体はAdobe Illustrator(Cinema 4Dは使用していない)で制作された。これらは削除したり壊したりできる機能を持つ。消しゴムは文章を消すことができる。ライターを使って燃したり、シェイバーは顔から気に入らない部分を剃り取ることもできる。これらはキャピタルの消滅を意味するメタフォーであり、シャウハウゼンのアートそのものや展覧会場の消滅さえも意味する。これらの物体はあるいは絵は中央に位置し、私の手書きレタリングにより個人的な意味合いを持つようになる。


Sven Lindhorst-Emme(ドイツ)
スタジオ・リンドホルスト-エメはグラフィックデザインとタイポグラフィ、特に書籍やポスターのデザインを専門とする。写真集、アーティスト・カタログ、パッケージ、むろん展覧会や音楽会そして映画のポスターなど芸術文化に関わる仕事が主である。スヴェン・リンドホルスト-エメは最初リトグラファーとしての訓練を受け10年間働いた。その後グラフィックとコミュニケーション・デザインを学び、2011年ベルリンへ移住、同年にスタジオを設立。国内外での講義やワークショップに加え、レッテ-フェライン・ベルリンでブックデザインとタイポグラフィを教える。また現在ユニバーシティ・オブ・アーツ・ベルリンでタイポグラフィの教鞭を執る。一方、ロシア、アメリカ、中国、台湾、フランスなどの多くの国際展で作品を発表。ニューヨークTDC、東京TDC、ショーモン国際ポスター祭、100ベストポスター、ゴールデン・ビー等、受賞多数。TDCニューヨーク及び100ベスト・ポスター・アソシエ―ションのメンバーでもある。