第18期_希望塾_東京_0927ol.ai follow us fb_tdc

⑹ 応募方法の規定

◎下記の規定に添わない応募作品は原則的に選考の対象となりません。不明な点はあらかじめ事務局にお問い合わせください。
TDCでは基本的に展覧会用に、審査時の作品そのままを移動・保管し再使用します。搬入会場でB2を超えるサイズのボードに作品を貼るなどの作業を行いますと、審査後の移動が困難になり、応募作品を分解することになりますのでご注意ください。

1. 応募作品リスト(オンライン登録の上、作品に同封)、作品添付票(作品裏に貼付)に、必要事項全てを記入した書類を提出。
*注意:メールにてあらかじめ受付番号を取得し(一人の応募者=1つの受付番号)、応募作品リストおよび作品添付票すべてにご記入ください。
詳細▶︎ ⑽ 受付番号取得 / 応募作品リスト(オンライン登録) / 作品添付票

2. カテゴリー①②③④⑤⑥など台紙貼りが必要な作品は、B2サイズ(515×728mm)以内の紙素材の台紙に貼る。この単位で連貼りしてもよい。台紙貼りしたものは凹凸があってはならない。パッケージや、書籍、小冊子など厚みのある形態での応募は台紙に貼らずにそのままを出品する。台紙にパッケージなどを直接レイアウトし貼り付けた作品は受け付けない。(審査会での見せ方が重要であると主張する作品は、その様子の写真を実物単体とあわせ応募する。)

3. 書籍や小冊子、CDなどで、特に見せたい部分はボード貼りし、実物とあわせて提出する。

4. ブックのみを提出したい場合、特にアピールしたいページにポストイットを貼ってもよい。

5. トライアルやポスターの形状のものは、その作品を巻いて保管することができない場合、B1サイズを超えてはならない。このサイズを超える作品は写真で応募する。ポスターは印刷または出力したものとし、台紙貼りはしない。また連貼りをしない(並びの解説図を作品裏に貼付)。

6. 破損しやすい作品は、移動に耐え得る専用の梱包材を添える。

7. タイプデザインは字種見本と、組見本(簡易なものでも構いません)をプリントアウトし、応募。サイズはB2単位で複数枚での応募が可。
*タイトルやロゴなど限定された言葉のみのデザインは該当しない。
*ファミリー書体を応募する場合、その一部に過去2 年をさかのぼるリリースの作品が含まれていても良い。

8. ⑥を除き、同じプロジェクト作品でもカテゴリーごとに別々に応募いただく規定だが、プロジェクト全体の作品写真の参考提示は可(無料)。必要な場合はA4サイズ1枚にまとめて出力し、添付する。

9. 映像は、アピールしたい画面のjpegデータを同封し、DVD-R(.movなど)で出品。

10. webサイトは下記の12項目を明記しe-mailで事務局へ応募。
送付先:
info@tdctokyo.org 件名:2017 RGBエントリー
1) 応募者名(タイプディレクター)
2) 住所
3) Phone
4) e-mail / private URL
5) 
職業・学校名
6) 応募するwebサイトのURL
7) 
特に見てほしい部分
8) クライアント
9) コピーライト・オーナー
10) 簡潔な作品解説
11) 閲覧環境: プラットフォーム限定、OS環境やブラウザ設定、プラグイン環境、制作に使用している技術(FlashJavaなど)
12) アピールしたい画面キャプチャ13点を添付(Jpegデータ)

11. web以外のメディア・コンテンツは、CD-ROMDVD-ROMいずれかにて提出。動作の推奨環境を明記する。また作品説明とアピールしたい画像13カットのJpegデータを同封する。

12. RGB部門で、インスタレーションやハードウェアが伴う作品は、それらの作品を紹介する映像データ(.movなど)にし、CD-ROMDVD-ROMいずれかのメディアで応募する。

13. スマートフォンやタブレット型コンピューター対応のもの、またはソフトウェア自体の応募については、事務局までメールでお問い合わせください。