第18期_希望塾_東京_0927ol.ai top_j_ follow us fb_tdc

⑻ 返却作品 / 注意(※必読)

■ 返却作品
1. 原則として返却しない。
複製不可能な1点モノの作品や1万円以上の商品に限り、応募時に申請のあった作品のみ返却する。

2. シリーズ作品の場合、部分ではなく、シリーズ全体の返却とする。

3. 返却作品は、「返却作品申請書」を提出し、専用の「作品添付票(他作品とは作品添付票が異なるので注意)」を作品に貼る。
また「返却梱包材用添付票」を貼った返却梱包材を添えて応募する。作品の返却を希望する場合、下記をダウンロードしてください。
返却作品申請書 /  作品添付票(返却用) / 返却梱包材用添付票(3.5MB/PDF)
これらの書類の整わない作品は返却不可能になりますので、ご注意ください。

*「返却作品添付票」はカラー出力をお願いします。また、赤色の二重線内でカットしないで下さい。
*返却作品についての詳細は「返却作品申請書」をご参照ください。
*応募時に返却作品として申請されなかった作品は、後日に返却希望のご連絡を直接いただきましてもご要望に応えることはできません。予めご了承ください。

■ 注意
1. 年鑑は応募者自身が提供する画像データによって制作される。提供された画像のトリミングや切り抜きなどの変更が、応募者への許可なく年鑑担当デザイナーによって行われる場合がある。(画像データのご提供がない場合、掲載が不可能となりますので、予めご了承ください。)

2. 展示・掲載方法について、応募者の要望に応えることはできない。

3. TDC賞のPRのため、作品画像使用は応募者の許可なく許諾される。

4. 受賞および入選作品はTDC年鑑の他、webサイトなど様々な媒体への掲載が想定される。その場合、応募作品の全ての著作権については応募者がその責任を担い、TDCは一切責任を負わない。

5. 応募要項で告知した以外の展覧会も、出展は許可なく了承される。

6. 応募要項に反するもの、他人の諸権利に接触するもの、TDC賞運営委員会で不適当と認めたものは、発表後でも受賞や入選を取り消す場合がある。また年鑑掲載後に、他者の諸権利に抵触するとの疑惑が生じた場合、応募者と第三者の間で責任をもって問題を処理することとし、東京TDCでは一切の責任を負わない。

7. 東京TDC賞はデザインの国際コンペティションであり、基本的に複製可能な作品の応募を前提としている。この枠を超える作品も受け付けるが、作品の取り扱いには最善の注意が払うが、万一作品に破損、汚れ、紛失の問題が生じてもTDCはその弁償を負うことはできない。複製不可能な作品の応募については、作品移動・審査過程において美術品としての保険加入が不可能な性格のコンペティションであることを留意し、慎重にご判断いただきたい。