follow us fb_tdc

ご案内:日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28: 「デザインと自己」

京都dddギャラリー第222回企画展「ドヴァランスーシステムを遊び場に」

会期:2019年8月28日(水)-10月23日(水)
会場:京都dddギャラリー
主催:公益財団法人DNP文化振興財団 

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28 「デザインと自己」

出演:アレクサンドル・ディモス (deValence)、ジスラン・トリブレ(deValence)、
   寄藤文平(文平銀座)、髙田唯(Allright Graphics)
司会進行: 野見山桜(東京国立近代美術館客員研究員)
日時: 8月30日(金)19:00-21:00
会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
入場料:一般1000円、学生・会員無料
詳しくはアンスティチュ・フランセ東京のホームページをご確認ください。

ご案内:有山達也展

会員の展覧会情報です。

有山達也展「 音のかたち」

日時:2019年8月27日(火)〜10月5日(土)
   11:00am~7:00pm
日曜・祝日は休館 入場無料
会場:クリエイションギャラリーG8
http://rcc.recruit.co.jp/g8/

ご案内:仲條正義個展

会員の展覧会情報です。

仲條正義個展 「一九、仲條」展

日時:2019年8月30日(金)〜9月4日(水)
   11:00am~7:00pm(最終日のみ5:00pmまで)
会場:HBギャラリー
http://www.hbgallery.com/

ご案内:ウッドデザイン賞

林野庁の『ウッドデザイン賞』を会員・髙橋正実さんが審査をされています。
ウッドデザイン賞:https://www.wooddesign.jp/judge/
国産材の木を使用への考え方のみでも対象となりますこちらのアワード、
募集期間少しまだございます。ぜひ、この機会に。

五十嵐威暢「Takenobu Igarashi: A to Z」出版ファンドレイジング開催中

ファンドレイジングという出版のかたちに、出版社の広報活動とは異なるパーソナルな動きを受けて、みなさまにご案内申し上げます。

2016年に開催された渋谷PARCO全館を会場としたイギリスのデザイン集団、tomatoの展覧会『O tomato Parco』では、1980年代初頭に五十嵐威暢氏がデザインしたPart3の “アイコニックな文字” が、五十嵐氏が見守る中、John Warwickerによってアルファベットセットとして再生しました。「五十嵐氏がかつてデザインしたロゴ、とりわけ渋谷のPARCOビル正面のネオンサインは、これまで常に、そして今も生き生きとして刺激的です。そのオリジナルの精神またはカタチをおとしめることなくこのサインを翻訳し、オリジナルのPARCOという文字からアルファベットの文字セットを創造するという使命。過去と現在、五十嵐さんとtomatoの対話を始めるために、フォルムに微妙に手を加える一方で、オリジナルの歴史的先行性を自明のものとしたかった。」2年前のこのストーリーを背景に、『Takenobu Igarashi: A to Z』出版ファンドレイジングのニュースがこの冬彼らより届きました。タイポグラフィの貴重な書籍の誕生に関わりませんか、というメッセージをそのままお届けいたします。

五十嵐威暢「Takenobu Igarashi: A to Z」出版ファンドレイジング 実施中

本書籍は、五十嵐威暢氏の生み出した3Dタイポグラフィ作品に焦点をあてたモノグラフ。五十嵐氏監修のもと現在、編集・制作が進められています。PARCO PART3のロゴやポスター「NOH」、ニューヨーク近代美術館のためにデザインしたポスターカレンダーなどの代表作品はもちろんのこと、アーカイブに保管されている版下、色指定、スケッチといった貴重な資料を収録。また、タイトル通りAからZのキーワードに沿って過去の著書や本書籍のために行われたインタビューから集めた五十嵐氏の言葉を通じ、視覚だけではとらえることのできない、五十嵐氏のデザインや創造に対する思いや考えも紹介していく。

書籍情報
出版年:2019年予定
出版会社:Volume (powered by Thames & Hudson)
監修:五十嵐威暢
編集:野見山桜
デザイン:MORI DESIGN INC.
言語:英語

***
「Takenobu Igarashi: A to Z」のファンドレイジング特設サイトへ(英語のみ)
https://vol.co/product/a-to-z/