follow us fb_tdc

【東京TDC賞2017】受賞作品発表

「東京TDC賞 2017」(2016年秋に公募)の受賞作品は下記になります。

・受賞者名(国名)
・受賞作品名
・部門

【グランプリ】
– Jonathan Barnbrook(イギリス)
「David Bowie Blackstar Cover Design」(Client : Sony Music Entertainment Inc.)
小型グラフィック部門

【TDC賞】
– M/M (Paris)(フランス)
「Parco Campaign AW 16, SS17 (Poster+ Film)」(Client : Parco)
アドバタイジング部門

– Nejc Prah, Ansambel(スロベニア)
「Dreaming of Vacation」(Client : Žiga Murko)
ポスターB部門

– Ralph Schraivogel(スイス)
「Modelle / Models」(Client : Museum fur Gestaltung Zurich)
アドバタイジング部門

– tomato(オーストラリア/日本)
「O tomato Parco」(Client : Parco)
*Typeface based on the original designed by Takenobu Igarashi.
アドバタイジング部門

– 大坪メイ
「記憶のステッチ」
トライアル部門

【特別賞】
– 服部一成
「横山裕一『アイスランド』」(Client : 888ブックス)
ブックデザイン部門

【タイプデザイン賞】
– Bo Linnemann, Kontrapunkt(デンマーク)
「Infiniti Brand Typeface」(Client : Infiniti)
「Nissan Brand Typeface」(Client : Nissan)
「Datsun Brand Typeface」(Client : Datsun)

【ブックデザイン賞】
– Abbott Miller(USA)
「Matisse in the Barnes Foundation」(Client : The Barnes Foundation)

【RGB賞】
– 藤田すずか + 宇野由希子
「夜は」

※海外1,099を含む3,006作品のご応募をいただきました。
厳正な審査を行いました結果、上記の受賞作品が選出されました。
※グランプリ以外はすべて同格の賞となっております。


【東京TDC賞2016】受賞作品発表

「東京TDC賞 2016」(2015年秋に公募)の受賞作品は下記になります。

・受賞者名(国名)
・受賞作品名
・部門

【グランプリ】
– Henrik Kubel + Scott Williams(イギリス)
www.a2-type.co.uk
「The New York Times Magazine Custom Fonts」(Client : The New York Times Magazine)
タイプデザイン部門
read more +

【東京TDC賞2015】受賞作品発表

「東京TDC賞 2015」(2014年秋に公募)の受賞作品は下記になります。



・受賞者名(国名)
・受賞作品名
・部門

【グランプリ】
– Nejc Prah(Slovenia)
「The Avocado – Pecha Kucha poster / Super – Sonic Hardware Warehouse」
  ポスターB 部門

read more +

【東京TDC賞2014】受賞作品発表

「東京TDC賞 2014」(2013年秋に公募)の受賞作品は下記になります。



・受賞者名
・受賞作品名
・内容・部門

【グランプリ】1作品
– Brighten the Corners : Billy Kiosoglou & Frank Philippin (UK)
「Symphony for a Beloved Sun」
ブックデザイン作品(Editorial, Book Design部門)

read more +

東京TDC賞2013:受賞作品発表

「東京TDC賞 2013」(2012年秋に公募)の受賞作品は下記になります。



・受賞者名
・受賞作品名
・内容・部門

【グランプリ】1作品
– Stefan Sagmeister & Jessica Walsh(アメリカ)
Now Is Better
映像(RGB部門)

read more +

東京TDC賞2012:結果発表

入選作品リストを追加いたしました。(2012.6)

「東京TDC賞2012」(2011年秋に公募)の受賞作品は下記になります。



【グランプリ】

― Why Not Associates & Gordon Young(イギリス)
 
トライアル「Comedy Carpet」(CL. Blackpool Council)


read more +

Creative Review

TDC賞2012 グランプリ受賞のニュースがCreative Reviewで紹介されました。
こちらよりご覧ください。→  Creative Review
read more +

『東京TDC賞2011』の審査の過程

<審査の方法について>

RGB賞:RGB賞運営委員があつまり、作品を実際に動作し審査し候補をしぼる。ディスカッションの上、受賞作品とノミネート・入選作品を決定された。

タイプデザイン賞:他カテゴリーとは別の日に審査。作品にチップをおくかたちで、各審査員が選び、5人の審査員から選ばれたものを候補に、ディスカッションの上、最終決定される。最終審査では無記名投票が行われた。

その他のカテゴリー:カテゴリーごとに1次審査を行った。今年は全ての作品の番号をふり、5作品に1作品を選ぶバランスで作品を選び、その作品番号を各審査員が手元の書類に記入する方法をとった。これを集計し、10得点をとった=10名の審査員から選ばれた作品が2次審査へと進んだ。ここからはカテゴリーごとではなく、すべてのカテゴリーが一同に並べられ、チップを置く方式となり、作品がしぼりこまれていった。
例外的にブックデザインだけが1次審査に続いて2次審査が行われて、最終審査では無記名投票でブックデザイン賞とノミネート作品が決定された。

最終審査:60作品にしぼりこまれたところで、それぞれの部門で賞をとった作品がここに加えられた。そしてディスカッションが行われ、最終の賞の決定が無記名投票によって行われた。

*部門賞をとった作品がグランプリに選ばれた場合は、その部門の2位の作品が自動的に昇格し、部門賞の受賞となる。
*TDCでは審査員も作品を応募することができるが、自身の作品には投票できない。またTDC賞運営委員については、その作品が賞の候補となっても、特別賞およびグランプリ以外は賞を受賞することができない。
*審査員は1次審査でとくにすばらしいと認める作品があれば、審査員推薦として、それは自動的に2次審査へ進むことができる。ただし審査員と利益関係のないものであり、また全ての応募作品から一人の審査員が選ぶことができるのは、1〜2作品まで。2次審査でほかの審査員がその価値を再確認し、認めないかぎりは、推薦をしても入選や賞の候補とはならない。

read more +

『東京TDC賞2011』受賞作品発表!

2010年秋に公募しました「東京TDC賞2011」の受賞作品を発表致します。
read more +